バナー

本格的なインド料理店

西新宿五丁目駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この西新宿五丁目駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅です。

西新宿五丁目駅の利用者数は、2009年度で1日平均12950人となっており、その数は年々増加しています。

西新宿五丁目駅周辺には専門学校などが多く存在しており、学生による利用者が非常に多いです。

また、周辺には色々な飲食店が多数あるのですが、その中でもコチニンヴァースという名前のインド料理店がオススメです。

このお店は西新宿五丁目駅から徒歩5分程度の距離にあり、本格的なインド料理を食べることができます。

インド料理と言えばほとんどの人がカレーと答えると思いますが、カレー以外にもおいしい料理がたくさんあります。

このお店の平均的な予算は2000円程度とリーズナブルとなっており、毎日多くのお客さんで賑わっています。

西新宿五丁目駅のすぐ近くにありますので、ぜひ1度食べに訪れてみてはいかがでしょうか。
お金がない場合、こちらETCカードで用意することができますので是非お試しください。

鉛中毒の原因となる排気ガス!?

牛込柳町駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この牛込柳町駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅で、東側にある出入口にはエレベーターが設置されています。

牛込柳町駅の利用者数は、2009年度で1日平均9261人となっており、学生の利用者が多いです。

それは、牛込柳町駅の周辺に中学や高校などが存在しているからとなります。

牛込柳町駅の周辺は静かな住宅地となっています。

この土地はいぜん自動車の排気ガスが問題となった町となっており、1970年にはそれを心配した医療団体が街の人々の健康診断を行ったのです。

その結果、大勢の方から鉛中毒の疑いがありました。

このことをテレビなどのマスコミが大きく取り上げて、当時は非常に大きな問題となっていました。

しかし、その後の調べにより、排気ガスが鉛中毒には関係ないことが判明したのですが、排気ガスは問題ですので、積載量3トン以上の貨物自動車の進入禁止となったのです。

牛込柳町駅周辺には、こういった歴史があります。

牛込神楽坂駅について

牛込神楽坂駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この牛込神楽坂駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅で、改札は1ヶ所のみとなっています。

この駅のホームは神楽坂をイメージして作られており、壁には灰色、ホームにはオレンジの色が使われています。

牛込神楽坂駅の利用者数は、2009年度で1日平均6272人と非常に少ないです。

この数字は、大江戸線を走っている駅の中では3番目に少ない利用者数となります。

牛込神楽坂駅の周辺は人も多く賑わっているのですが、ちょっと歩くと静かな住宅街となっています。

また、小さい商店や飲食店なども多く存在しています。

特にその飲食店の中でもオススメなのが、おの寺という和食料理屋さんです。

ここは、牛込神楽坂駅から徒歩で行く事ができる距離にあり、本格的な和食を頂くことができます。

営業時間は18時から21時までの間と非常に短い時間での営業となっています。

予約をすることも可能ですので、行く際には事前に連絡してから行く事をオススメします。

非常に人気のあるお店ですので、もし牛込神楽坂駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。

猫地蔵

落合南長崎駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この落合南長崎駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅で、出入口は全部で3ヶ所あります。

落合南長崎駅の利用者数は、2010年度で1日平均10798人です。

この落合南長崎駅周辺には、猫地蔵があります。

この猫地蔵は新宿自性院にあるのですが、毎年2月3日にだけ開帳されるのです。

なぜ年に1回この日だけなのか理由がわからないのですが、気になる方は、節分の日に訪れてみてはいかがでしょうか。

また、落合南長崎駅の周辺には菜る瀬という名前の割烹料理屋さんがあります。

ここは落合南長崎駅から徒歩10分程度の距離にありますが、マイナーな場所に建てられているために一見さんが少ないお店です。

しかし、常連さんが非常に多くいるために毎日賑わっているお店です。

味も絶品ですので、もし落合南長崎駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度食べてに行ってみてはいかがでしょうか。

伯爵気分を味わえる

若松河田駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この若松河田駅の作りは1面2線からできている地下鉄の駅です。

若松河田駅の利用者数は、2009年度で1日平均14246人となっており、その数は年々増加しています。

若松河田駅周辺は静かな雰囲気が漂っていますが、徒歩15分程度で早稲田大学のキャンパスに行く事ができます。

若松河田駅の周辺には、小笠原伯爵邸というお店があります。

このお店の見た目は洋風で、名前にあるとおり伯爵邸かと思うぐらいの作りとなっており、店内も非常におしゃれになっています。

ここでは最高級のスペイン料理を味わうことができ、色々なワインを楽しむこともできます。

平均的な予算は15000円から20000円程度となっており、完全予約制になります。

若松河田駅からは徒歩1分とすぐ目の前にあります。

個室も完備されていますので、特別な日などに利用してみては、いかがでしょうか。

最高の時間を過ごすことができるでしょう。

懐石料理のお店

四谷三丁目駅は、東京都新宿区にある東京メトロの丸ノ内線を走っている駅です。

この四谷三丁目駅の作りは2面2線からなる地下鉄の駅で、地下の1階部分に改札が設置されています。

四谷三丁目駅の利用者数は、2009年度で1日平均20679人となっています。

2005年には利用者数が2万人を下回ってしまったのですが、徐々にまた増えています。

四谷三丁目駅の周辺には飲食店も多くありますが、その中でもちゃわんぶという名前のお店がオススメです。

ここでは割烹料理や懐石料理を堪能することができ、本格的な味わいとなっています。

営業時間は短く19時から23時までですので、もし興味のある方はぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。

高級食材である黒あわびなども取り扱っています。

また、四谷三丁目駅の周辺には同じ懐石料理を食べることができる、うぶかというお店もあります。

四谷三丁目駅から徒歩3分程度の距離にあり、全品料理を比較的リーズナブルな価格で頂けるとあって、非常に人気のあるお店となっています。

もし四谷三丁目駅に来る機会がありましたら、ぜひともお立ち寄りください。

学生街だが・・・。

西早稲田駅は、東京都新宿区にある東京メトロの副都心線を走っている駅です。

この西早稲田駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅となります。

西早稲田駅のすぐ近くには、東西線も走っていることから、それを避けるように地下30メートルと深い位置にホームが設置されています。

西早稲田駅のすぐ近くには、駅名にあるとおり早稲田大学があり、西早稲田駅の出口の1つが大学のキャンパスにつながっています。

西早稲田駅の利用者数は、2009年度で1日平均11644人です。

平日の朝や夕方は、周辺に大学などの学校が多数存在していることから、非常に混雑しているのですが、逆に土日などになると利用者が急激に減ってしまうために、閑散としている状況となっています。

また、日中の時間帯も利用者が少ない駅です。

西早稲田駅の周辺は、閑散としている住宅街となっています。

また、西早稲田付近は学生街として知られていますが、西早稲田駅周辺からその雰囲気を感じることがありません。

それは、西早稲田駅付近のお店などの名前に、あまり西早稲田という言葉を使っていないからです。

ほとんどが戸山か大久保という言葉を使用しているのです。

フジテレビ本社がそこにあった

曙橋駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の新宿線を走っている駅です。

この曙橋駅の作りは2面2線からなる地下鉄の駅で、出入口は全部で4ヶ所設置されています。

曙橋駅の利用者数は、2010年度で1日平均17781人となっています。

曙橋駅の周辺には、かつてフジテレビの本社がありました。

そのことからフジテレビ前といった呼び方もされており、曙橋駅内にはフジテレビに関連するポスターなどの広告がたくさんありました。

しかし現在フジテレビはお台場に移ってしまったために、その面影は残っておりません。

曙橋駅の周辺には酒徒庵という居酒屋さんがあります。

このお店には色々な日本酒が揃っており、毎日多くのお客さんで賑わっています。

しかしこのお店では一見さんがお断りとなっています。

そのため、いきなり入ることができませんが、ここの料理も最高で人気の高いお店です。

また、曙橋駅周辺にはます味という名前のお店があり、こちらではふぐ料理などを頂くことができます。

曙橋駅から徒歩5分程度の距離にありますので、曙橋駅にお越しの際はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

新宿区一の広さの公園

都庁前駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この都庁前駅の作りは2面4線からなる地下鉄の駅で、エスカレーターやエレベーターも設置されています。

都庁前駅の利用者数は、2010年度で1日平均17612人となっており、年々利用者の数は増加しています。

都庁前駅の周辺には、新宿中央公園があります。

この公園の広さは8万㎡以上もあり、新宿区にある公園の中では一番の大きさとなります。

この公園はサラリーマンなどの憩いの場として利用されることが多く、またドラマなどの撮影現場にも度々使用されています。

しかし一方では、ダンボールなどで作られた住居スペースなども多く存在しており、ホームレスが多数住み着いている面もあるのです。

都庁前駅から徒歩1分で行く事ができる距離にありますので、興味のある方は1度訪れてみてください。

以前この都庁前駅では、開業20周年を記念してイベントが行われたのですが、その際にヤクルトスワローズのマスコットであるつば九郎が、この都庁前駅の1日駅長となっていました。

究極串かつ

西新宿駅は、東京都新宿区にある東京メトロの丸ノ内線を走っている駅です。

この西新宿駅の作りは2面2線からなる地下にある駅で、西新宿駅からは地下の通路を通って新宿アイランドタワーに行く事ができます。

西新宿駅の利用者数は、2009年度で1日平均22225人となっており、その数は年々増加しています。

西新宿駅から徒歩5分程度の距離に菊うらという名前の割烹料理屋さんがあります。

このお店は非常に人気のあるお店となっており、和風とんこつラーメンとまぐろ丼のセットがオススメです。

お昼であれば低予算にて食べることができ、毎日多くのお客さんで賑わっています。

もし西新宿駅に来る機会がありましたら、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

また、西新宿駅の周辺には串かつ専門店の莫莫という名前のお店もあります。

このお店の面白いところは、自分でストップを掛けなければどんどん串かつが出されるのです。

ストップのタイミングは自由ですので、お腹と相談しながら食べましょう。

西新宿駅のすぐ近くで究極の串かつを食べることができますので、ぜひ食べてみてください。

神楽坂駅について

神楽坂駅は、東京都新宿区にある東京メトロの東西線を走っている駅です。

この神楽坂駅の作りは1面2線からなる地下鉄の駅で、オスメイトにも対応しているトイレが設置されています。

神楽坂駅の利用者数は、2009年度で1日平均18822人となっており、その数は年々減少傾向にあります。

これは、2000年に大江戸線の神楽坂駅が出来たことが大きな要因となっています。

この神楽坂駅周辺は住宅街となっていて、飯田橋方面には商店街が続いています。

また、神楽坂駅周辺にはテレビや雑誌などで取り上げられているお店が多く存在しているために、土日などは多くの人が訪れています。

また、近年ではマンションの建設も多くあり、昔の神楽坂駅周辺とは全く違う様子になっています。

神楽坂駅のすぐ近くには赤城神社があるのですが、その神社で行われる大祭が非常に有名で、色々な地区からの神輿で毎年賑わっています。

もし神楽坂駅に来る機会がありましたら、有名な店舗が多く存在していますので、ぜひ神楽坂駅周辺を散策してみると良いでしょう。

花見に最高の新宿御苑

新宿御苑前駅は、東京都新宿区にある東京メトロの丸ノ内線を走っている駅です。

この新宿御苑前駅のすぐ近くには、新宿御苑があることから、毎年4月の時期になると花見に訪れる人が非常に多くなります。

新宿御苑前駅の作りは2面2線からなる地下鉄の駅で、以前まではホームドアが設置されていませんでした。

そのために転落事故などが起きる危険性が非常に高かったです。

そのため2006年にはホームドアを設置し、自己防止に努めています。

新宿御苑前駅の利用者数は、2009年度で1日平均21027人です。

新宿御苑前駅の周辺はオフィスビルが多く存在しており、さらに少し進むとマンションなどの居住エリアとなっています。

また、新宿御苑前駅の周辺には飲食店も多くありますが、いまゐという名前の割烹料理屋さんがオススメです。

このお店は非常に人気のあるお店でいつも店内は満席状態となっています。

価格も非常にリーズナブルとなっており、味も最高です。

新宿御苑前駅から徒歩5分以内の距離にありますので、もし新宿御苑前駅に来る機会がありましたら、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。

500万人以上の会員数を誇る創価学会

信濃町駅は、東京都新宿区にあるJR東日本の中央本線を走っている駅です。

この信濃町駅は1面2線からなる地上にある駅で、駅ビル内にあります。

この駅ビルの1階に改札が作られており、以前まではみどりの窓口も設置されていました。

信濃町駅の利用者数は、2011年度で1日平均26031人となっており、年々利用者の数が減少しています。

この信濃町駅は学会村の玄関とも言われていますが、これは、創価学会の本部がすぐそばにある為に呼ばれています。

信濃町駅のホームには創価文化会館による大型の広告などもあります。

また、信濃町駅内には創価学会の広告が色々な場所にあり、全面にアピールをしています。

この創価学会の会員数は500万人前後とも言われており、非常に多くの会員数となっています。

また、信濃町駅の周辺には慶應義塾大学もあり、学生などの利用者も多い駅となっています。

さらに国立霞ヶ丘競技場も近くにあります。

ここで何かイベントなどがある時は、合わせて信濃町駅の利用者も増えます。

東京6大学の1つ

早稲田駅は、東京地下鉄にある東西線や都営地下鉄のなどを走っている駅です。

都営地下鉄の早稲田駅は東京都新宿区にある駅で、2面1線の作りとなっています。

この駅名にあるとおり、早稲田駅のすぐそばには早稲田大学があります。

この大学の学生改案に行くには徒歩で12分程度かかる距離にあります。

また、大学の他に早稲田中学や高校、日本女子大学などがあることから、学生による都営地下鉄の利用が非常に多い駅です。

また、東京メトロの早稲田駅は、2面2線からなる地下鉄の駅で、2009年度で1日平均35770人の利用者がいます。

もちろんこの早稲田駅からも早稲田大学のすぐ近くにあり、最寄り駅となっています。

この大学に向かうのであれば、高田馬場に近い改札から向かうのが一番近いです。

また、早稲田駅から近い距離にある早稲田大学へと向かう途中には、早稲田通りと呼ばれる道があります。

この早稲田通りは別名神楽坂通りとも呼ばれており、西に向かって伸びています。

四ツ谷駅について

四ツ谷駅は、東京都新宿区にあるJR東日本の山手線を走っている駅です。

また、この四ツ谷駅には東京メトロの丸ノ内線や南北線も走っています。

JR東日本の四ツ谷駅は、1面2線からなる地上の駅で、駅舎は橋上駅舎となっています。

出入口は全部で3ヶ所設置されており、エスカレーターやエレベーターもあります。

また、今年の夏も節電が大きく取り上げられていますが、この駅舎の屋根には2011年に太陽光パネルが設置され、太陽光による発電を行なっています。

東京メトロの四ツ谷駅は2面2線からなる高架駅となっており、地上にある駅なのです。

四ツ谷駅の利用者数は、JR東日本で1日平均88104人、東京メトロの丸の内線で1日平均32332人、南北線で1日平均19605人となています。

東京メトロの利用者数は、年々増加していますが、JR東日本の利用者数は若干減少しています。

また、四ツ谷駅の目の前にはバスやタクシーなどが止まっています。

タクシーは福祉タクシーとなっており、風ぐるまとなっています。

再開発によるイーストサイド

東新宿駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

また、この東新宿駅には東京メトロの副都心線も走っています。

都営地下鉄の東新宿駅は、1面2線からなる地下鉄の駅となっており、マナベ設計事務所の手によって作られました。

この東新宿駅はテーマを光と遮光を掲げ、地下に光が入るような仕組みになっています。

東京メトロの東新宿駅は、2面4線からなる地下鉄の駅で、つつじとアクティブというのをテーマに作られました。

そのため駅の色はつつじを演出した薄紅色が使用されています。

東新宿駅の利用者数は、都営地下鉄で1日平均10503人、東京メトロで1日平均9238人となっています。

この利用者数は毎年急激に増加しており、この増加率は東京メトロを走っている駅の中では一番高い数字です。

東新宿駅の周辺には、新宿イーストサイドがあるのですが、ここは三菱地所が入札によって落札したことにより、再開発によって作られました。

このビルは1万人以上もの人が働くことができ、1階部分と地下部分には商業施設が入っています。

また、6階部分には賃貸での住居スペースにもなっています。

大江戸線で一番少ない

国立競技場駅は、東京都新宿区にある都営地下鉄の大江戸線を走っている駅です。

この国立競技場駅の作りは1面2線からなる地下にある駅で、国立競技場駅内にある壁には、金石文が10文字あります。

この金石文とは、中国の昔の言葉である。

また、駅名にもあるように国立競技場がすぐそばにありますが、ここへ行くにはA2の出口から行く事になります。

イベントなどが行われるには当然混雑するのですが、その混雑を解消する目的として、ここの通路は広めに作られています。

国立競技場駅の利用者数は、2009年度で1日平均5298人となっています。

この数字は、大江戸線を走っている駅の中では一番少ない利用者数です。

普段はそこまで利用者の多い駅ではないですが、国立競技場駅の周辺には、国立競技場以外にも明治神宮や東京体育館などがあることから、イベントによって毎日利用者数が大きく変動する駅となります。

また、近くに慶應義塾大学もあるために学生の利用者も毎日多くいます。

コリアンタウンがすぐそばに!

新大久保駅は、東京都新宿区にあるJR東日本の山手線を走っている駅です。

この新大久保駅の作りは1面2線からなる高架駅で、改札は新大久保駅に1ヶ所のみとなっています。

新大久保駅の利用者数は、2011年度で42433人となっており、山手線を走っている駅の中では、下から3番目に少ない利用者数です。

しかし、2010年度の利用者数から比べると大きく上昇しています。

これは、少女時代やKARAなどの韓国ブームによって出来たコリアンタウンが出来たことによる増加となっています。

そのために新大久保駅の周辺には韓国や朝鮮人などが多く住んでいる。

また、最近ではその他にも中国やタイなどのアジアなどの料理を扱っているお店も急増しており、色々な民族の料理を堪能することができます。

もし興味のある方はぜひ1度食べに行ってみてください。

また、新大久保駅の西側には楽器を扱っているお店が多く存在します。

この土地には昔から楽器店が非常に多くあることで有名となっており、わざわざ新大久保駅まで楽器を求めに来る方も多いです。

かつては手塚治虫のキャラが壁に

高田馬場駅は、東京都新宿区にあるJR東日本を走っている駅です。

また、この高田馬場駅には東京メトロや西武鉄道も走っています。

JR東日本の高田馬場駅は、1面2線からなる高架駅で、改札は2ヶ所あります。

以前この高田馬場駅がある高架の下には、手塚治虫の漫画に登場してくるキャラなどを壁に描いてあったのですが、2005年にリニューアルしてしまい、なくなってしまいました。

当時高田馬場駅周辺の地元の方たちが、高架下が暗いことから作ったものでした。

しかしその後2008年にガラスの地球を救えというテーマをもとに壁画が作られました。

また、高田馬場駅のホームは非常に狭い作りとなってるために、朝の通勤ラッシュの時間帯には混雑した状態となります。

西武鉄道の高田馬場駅は、2面2線からなる高架駅で、東京メトロの駅も2面2線の作りとなっています。

高田馬場駅の利用者数は、JR東日本で1日平均199741人、西武鉄道で1日平均141910人、東京メトロで1日平均94164人となっており、西武鉄道にいたっては2番めに多い利用者数です。

地下で繋がる通路

新宿三丁目駅は、、東京都新宿区にある東京メトロを走っている駅です。

また、この新宿三丁目駅には、都営地下鉄の新宿線も走っています。

新宿三丁目駅内にはプロムナードが大きくあるために新宿駅まで歩いて行く事も可能です。

また、サブナードもあるので、西新宿駅までも行く事ができます。

丸の内線の新宿三丁目駅は、1面2線からなる地下鉄の駅で、改札は地下の1階に設置されています。

副都心線の新宿三丁目駅は、1面2線で作られており、朝の混雑する時間帯には渋谷から新宿三丁目駅に向けての回送電車が走っています。

また、都営地下鉄の新宿三丁目駅はホームが地下の3階に設置されており、改札は地下の1階にあります。

1面2線の作りで、ホームには常に駅員が配置されています。

ここのホームは全体の見通しが悪い作りとなっているために駅員がいるのです。

新宿三丁目駅の利用者数は、東京メトロで1日平均97688人、都営地下鉄は1日平均51304人となっており、どちらの利用者数も年々増加しています。