500万人以上の会員数を誇る創価学会

信濃町駅は、東京都新宿区にあるJR東日本の中央本線を走っている駅です。

この信濃町駅は1面2線からなる地上にある駅で、駅ビル内にあります。

この駅ビルの1階に改札が作られており、以前まではみどりの窓口も設置されていました。

信濃町駅の利用者数は、2011年度で1日平均26031人となっており、年々利用者の数が減少しています。

この信濃町駅は学会村の玄関とも言われていますが、これは、創価学会の本部がすぐそばにある為に呼ばれています。

信濃町駅のホームには創価文化会館による大型の広告などもあります。

また、信濃町駅内には創価学会の広告が色々な場所にあり、全面にアピールをしています。

この創価学会の会員数は500万人前後とも言われており、非常に多くの会員数となっています。

また、信濃町駅の周辺には慶應義塾大学もあり、学生などの利用者も多い駅となっています。

さらに国立霞ヶ丘競技場も近くにあります。

ここで何かイベントなどがある時は、合わせて信濃町駅の利用者も増えます。