かつては手塚治虫のキャラが壁に

高田馬場駅は、東京都新宿区にあるJR東日本を走っている駅です。

また、この高田馬場駅には東京メトロや西武鉄道も走っています。

JR東日本の高田馬場駅は、1面2線からなる高架駅で、改札は2ヶ所あります。

以前この高田馬場駅がある高架の下には、手塚治虫の漫画に登場してくるキャラなどを壁に描いてあったのですが、2005年にリニューアルしてしまい、なくなってしまいました。

当時高田馬場駅周辺の地元の方たちが、高架下が暗いことから作ったものでした。

しかしその後2008年にガラスの地球を救えというテーマをもとに壁画が作られました。

また、高田馬場駅のホームは非常に狭い作りとなってるために、朝の通勤ラッシュの時間帯には混雑した状態となります。

西武鉄道の高田馬場駅は、2面2線からなる高架駅で、東京メトロの駅も2面2線の作りとなっています。

高田馬場駅の利用者数は、JR東日本で1日平均199741人、西武鉄道で1日平均141910人、東京メトロで1日平均94164人となっており、西武鉄道にいたっては2番めに多い利用者数です。